ミリオンエコー出版Blog - 編集部通信 -

雑誌「釣り画報」や「Boat Fishing」、モバイル端末向けサイト「中国四国の釣果速報」などをお届けするミリオンエコー出版編集部のオフィシャル・ブログです。取材時の裏話、誌面の進捗状況、編集部員による釣行記など、誌面では紹介できない話題も織りまぜながらお届けします。PC、タブレット、スマホ、携帯すべてに対応しています。

2016年03月

編集部のKです。
先週末はボートフィッシングの取材で響灘に行っておりました。

大ダイや大カサゴにアコウ、もしかしてヒラマサも!っと勇んで出かけましたが、全くといっていいほど動かない潮に大苦戦!予報に反して風は強くなるし、修行のような釣りになってしまいました。
そして、本来、帰りの駄賃に釣るはずだったキスが格上げに・・・。

しかし、ものは楽しみ方。少しやわらかい??と疑ったものの、カーボンガイド搭載のアジ・ゲームロッド+極細PEラインの組み合わせは感度抜群。ブルブルーッ! ビシッ! ギュギューン!の連発となったのです。
なかやん1なかやん2
近年、ルアーマンにもすっかり浸透したライトタックルでのキス・ゲームはまさにタックルの進化が釣りを面白くしたひとつのケースだと思います。このタックルにテンヤを結んで大ダイに挑んだら・・・。
想像だけ膨らませながら来月以降に再チャレンジしてみようと思います。
いしださん1

岡山支局のWTです。
先日、雑誌「ボートフィッシング」の取材で岡山県宇野沖へ出撃。ワームでメバルを狙ってもらいました。
27cmくらいのメバルが釣れるという触れ込みで出かけたのですが、この夜も最近の釣況に違わず大型がヒット!
28cmや29cmの大メバルも登場して、ビックリポンでした(*'-'*)
宇野沖メバル
詳細は4月10日発売のボートフィッシング5月号をご覧ください。

今日から3連休! 釣りに行楽、お墓参り、はたまた卒業式と、忙しくお過ごしのことと思います。
さて、明日3月20日は雑誌「釣り画報」4月号の発売日です!
4月号は、選りすぐり最新情報も、実釣ルポも、春にお薦めの好釣果ポイント満載でお届けしています!
04■釣り■表紙■中国版04■釣り■表紙■四国版
●巻頭カラー・ルポ 萩沖大島で楽しむ春のヤリイカ釣り 簡単そうで奥深い!! エサ&タナ合わせ習得すればひと晩に3ケタの爆釣も
●巻頭第2カラー 「渓流解禁」そよぐ風に春の気配 良型アマゴ求めて上流域へ[徳島県・那賀川水系釜ガ谷川]
●あやりーの釣るまで帰らんけんネ! 江田島湾は早くも花見ガレイ真っ盛りだった
●コミック釣り天国 [高知・桂浜沖でのヒラメ釣り]土佐の釣り女子は根性が違うの巻
●遊漁船ルポ 広島中部海域にイカナゴ追うタチウオ群 半日で一船100匹以上の釣果も
●後迫正憲と愉快な仲間たち 思いつきのチヌゲームが大成功!!
●石垣島ジギングツアー・レポート 八重山夢釣行 南海に巨大カンパチを求めて
●COOKING カサゴ料理特集 彩りフリッター/大葉香焼き/ポン酢煮/四川煮込み/バゲットグラタン/和風ペペロンチーノ/野菜あんかけ
●手作り講座 アレンジ多様で見た目もカワイイ 固定式鯛ラバヘッド
●釣行沿線 道の駅でひと休み さぬき市 みろく
●CAMPING CARガイド キャンピングワークス リボーン
●突撃! IFボート釣査隊 温泉津湾の巨ギスはお預けにの巻
●アングラー列伝 名人 服部善郎
●釣りの常識 嘘・本当 メバルは春の水温がお好み
●60歳から始めるルアー釣り メバルが釣れないときは藻際の底を探ろう
●藤井孝男のフカセ釣り上達塾 低水温期にネリエを使うとき
●三戸庸行の投げ釣りQ&A 夜でもカレイは釣れるのか
●はてなランド チヌの性別が変わるのはなぜ?
●タックル最前線 シマノ・キススペシャル
04■釣り■P004_P005
巻頭カラーは、萩沖大島で楽しむ春のヤリイカ釣りの模様をお届けします。ここ数年、より好釣果を求め、ヤリイカ釣りで離島へ渡る釣り人が増えています。簡単そうで実は奥深いヤリイカ釣り。その奥技は「エサ&タナ合わせ」にあるようです。
04■釣り■P014_P015
巻頭第2カラーは、解禁となった渓流釣りを誌面でたっぷりお届けします。取材班が向かったのは徳島県那賀川水系の支流釜ガ谷川。そよぐ風に春の気配を感じながら、良型アマゴと一日遊びました。
04■釣り■P020_P021
チャレンジ精神旺盛のあやりーが今回挑んだのは、江田島湾ではの筏のカレイ釣り。「カレイ・マスター」の異名を持つ名手の指導もあって良型カレイが連発! 大好物のカキのお土産までいただいて大喜びのあやりーでした。
04■釣り■P056_P057
人気の「コミック釣り天国」は高知県桂浜沖でのヒラメ釣り。アジをエサに泳がせ釣りで狙ったのですが、取材班の紅一点の釣りガールに何と大物がヒット。30分近いファイトのすえに取り込んだのは……!?
04■釣り■P172_P173
今回の遊漁船ルポは広島県中部海域でのタチウオの釣れっぷりをお届けします。開始早々から本命連発で釣り人のテンションは上昇。満ち潮が動くとその勢いはさらに加速し、一気にヒートアップ状態となりました。
04■釣り■P204_P205
「後迫正憲と愉快な仲間たち」の9回目はチヌゲームの達人2人がゲスト。お笑い芸人顔負けのボケとツッコミの応酬で釣り場は大爆笑。気づいてみればキチヌ18匹という大成功に終わったのでした。
04■釣り■P208_P209
「八重山夢釣行」は、南海に巨大カンパチを追う石垣島ジギングツアーのレポートです。過去に50キロオーバーが釣れたこともあるという八重山諸島海域はオフショア党なら誰もが憧れるジギング天国。果たして念願の巨大カンパチは姿を現したのか--。
04■釣り■P120_P121
4月号の「COOKING」釣った魚をおいしく食べよう」はカサゴ料理特集。彩りフリッターや大葉香焼き、ポン酢煮、和風ペペロンチーノ、野菜あんかけなど7種を紹介しています。
04■釣り■P222_P223
「釣行沿線 道の駅でひと休み」は、香川県東部のさぬき市にある道の駅「みろく」を訪ねました。数ある商品の中からお薦めのお土産やスイーツ、ランチメニューなどを紹介しています。
04■釣り■P226
巻末の「CAMPING CARガイド」は、マツダ・ボンゴをベースにキャンピングワークスが仕立てたオール電化キャンパー「リボーン」を紹介。静音発電機や家庭用エアコン付きダイネット、ギャレー、シャワー&トイレルームなど豪華装備の数々を解説しています。
04■釣り■P030_P031
海野先生の「釣りの常識 嘘・本当」は、春になるとなぜメバルの活性が上がるのかという素朴な疑問に、海野先生が分かりやすく答えています。
04■釣り■P036_P037
「三戸庸行の投げ釣りQ&A」は、カレイは夜でも釣れるのか? という質問を取り上げました。
夜にカレイが釣れるポイントの条件を分析したうえで、これまで夜にカレイが釣れた実績のある釣り場をポイント図入りで紹介しています。

雑誌「釣り画報」の購読は、便利でお得な定期購読がお薦め!!
いまなら特典として「オリジナルスポーツタオル・プレゼント」か「プラス1冊サービス」のいずれかをお選びいただけます!

★お申し込みは   >>> こちら
 

お待たせしました! 明日10日は雑誌「Boat Fishing」4月号の発売日です。
4月号では、本格的な春の訪れともに釣果が上向く対象魚を厳選し、お薦めの好アジロを24カ所紹介します!
この春注目のニューボートや電子航海機器の詳細などもお届けしています。
BF04■表紙
【主な内容】 
■カラー・ルポ 小豆島東沖海域のマダイ電動チョグリ/山陰沖のヒラマサ・ジギング
■2016 Brand New Model ヤマハFR-29
■マンガ船釣り道場 ブリのスロージギング
■ENJOYボートライフ 釣りは多忙な日々の活力剤
■佐々木洋三の独断的「魚・酒・学」 鳴門桜鯛のしゃぶしゃぶ×鳴門鯛 純米吟醸原酒
■岡本幸雄の海辺の水彩画 日本一短い定期航路 - 音戸の瀬戸 -
■アイデア メバル釣り用多機能クーラーボックス
■原田博之の男料理 メバルと春キャベツのサラダ/メバルの大根巻き
■すぐに役立つ電子機器解説 新型魚探の基本操作 - PART 3 -
■随筆 心の航海日誌II 日の丸ジェットの勝算は?
■ふるさと再発見 港町百景 周防大島 久賀
■3月下旬の好釣果アジロ Pick Up
■特選中古艇情報
 など
BF04■P004_P005
巻頭カラーは、春の爆釣期を目前に控えた小豆島東沖海域でのマダイ釣りをお届けします。釣り方は電動リールを使った「電動チョグリ」。「忠兵衛サビキ」でお馴染みの井上忠平さんたちに、電動チョグリでのマダイの釣れっぷりを見せてもらいました。
BF04■P014_P015
巻頭第2カラーは山陰沖のヒラマサ・ジギング。スロージギング・ブームの昨今ですが、低水温期のヒラマサはハイテンポな誘いが効果的ということで、従来のハードなジギングで挑みました。
BF04■P020_P021
話題の新艇を紹介する「2016 Brand New Model」では、3月に発売されたばかりの「ヤマハFR-29」の詳細をお届けします。
BF04■P030_P031
人気の「マンガ船釣り道場」は、四万十市のボートオーナー、松倉哲也さんによる「ブリのスロージギング」。初心者でも分かるよう漫画で解説しています。
BF04■P148_P149
釣り好きオーナーのボートライフを公開する「ENJOYボートライフ」は、広島市で海鮮居酒屋や水産会社を営む北尾哲さんを紹介。幼少のころの思い出や27歳で最初の艇を購入し現在の艇に至るまでの経緯などを話していただきました。
BF04■P084_P085
今回の「すぐに役立つ電子機器解説」は、横浜国際ボートショーでお披露目となった話題の新型魚探「フルノFCV-588」の機能とその操作方法を、写真入りで詳しく解説しています。
BF04■P147
1月号から連載が始まった「佐々木洋三の魚・酒・学」の第4回は、「鳴門桜鯛のしゃぶしゃぶ」に鳴門の銘酒「鳴門鯛 純米吟醸原酒」を取り合わせました。佐々木洋三さんの魚と酒にこだわるウンチク学が左党を唸らせます。
BF04■P154_P155
海辺の風景を旅情豊かに切り取る岡本幸雄さんの「海辺の水彩画」は、広島県呉市の「音戸の瀬戸」を取り上げました。航行距離わずか120mの音戸の渡しは、現存する定期航路としては日本一短い定期航路です。
BF04■P162_P163
原田料理長が4月号の「男料理」に選んだ食材は春の人気魚メバル。こんがりと揚げたメバルに春キャベツを合わせた「メバルと春キャベツのサラダ」、揚げた切り身を大根で包み、あっさり味の和風だしをかけていただく「メバルの大根巻き」の2品をお届けします。
BF04■P166_P167
ふるさと再発見「港町百景」は、かつて瀬戸内海の東西航路の中継地として栄えた山口県周防大島の港町「久賀」を訪ねました。町人気質が支えてきたこの町は、歴史と文化の薫りのなかに進取の気性や人情味が受け継がれ、今も活気に溢れています。

編集部のMです(^^)
昨日は「あやりーの釣るまで帰らんけんネ!」の取材で江田島沖の筏へ行って来ました。渡していただいたのはお馴染み、マルケン渡船の藤本船長さん。講師はかめや釣具総本店の岡本さんです。この2人がタッグを組めば怖いものなし、まさに鬼に金棒ですね。
12814573_10206071951981134_5668902911518886089_n
 開始5秒であやりーが1匹目を釣り上げると、筏下のカレイたちがハムハムを連発! 開始から納竿間際まで釣れ続くという爆釣劇でした!
ま、タイトルからすれば、あやりーは5秒で帰れたわけですがね(笑)
3月20日発売の釣り画報4月号をDon't miss it!ですよ~。

↑このページのトップヘ