ミリオンエコー出版Blog - 編集部通信 -

雑誌「釣り画報」や「Boat Fishing」、モバイル端末向けサイト「中国四国の釣果速報」などをお届けするミリオンエコー出版編集部のオフィシャル・ブログです。取材時の裏話、誌面の進捗状況、編集部員による釣行記など、誌面では紹介できない話題も織りまぜながらお届けします。PC、タブレット、スマホ、携帯すべてに対応しています。

2016年08月

来る10月30日(日)に山口県周防大島で開催される「サンライン エギングフェスティバル2016」の参加受付がスタートしました!

今年も「ヤマラッピ&タマちゃん」コンビがゲストとして来島します。トークショーや豪華景品が当たる抽選会などイベントも盛り沢山。楽しいお祭りになりそうですね。egi_poster
 応募は10月7日まで。詳しくはサンラインHPか店頭ポスターをご覧ください。

立秋を過ぎたとはいえ、まだまだ厳しい暑さが続きます。みなさん、体調のほうはいかがですか。
明日8月20日は「釣り画報」9月号の発売日。9月号もみなさんの釣行のお役に立つ情報や釣魚料理レシピ、エッセイなど満載でお届けしています!
09■釣り■表紙■中国版
09■釣り■表紙■四国版
 ●[巻頭カラー] 目指すはメーター超え! 超難敵GTと手に汗握るガチンコ勝負(高知・沖の島)
[巻頭第2カラー] チヌを釣るなら渚へ行こう!! 装備身軽で釣り方も簡単 ビギナーや女性にうってつけ
●[突撃! IFボート釣査隊] 最終指令 良型マダコをゲットせよ
●[コミック釣り天国] 岩国・錦川でのアユ釣り/還暦オヤジの同窓会の巻
●[遊漁船ルポ] 釣趣も食味もハイクラス 山口・柱島海域にクログチの好アジロがあった
● [ハヤブサPRESENTS] 進化し続ける「フリースライド」高松沖の鯛ラバゲームでも真価発揮
●[サントリーOPA! 山陰釣行記] ケンサキ&高級根魚 豪華プランで大社の夏を満喫!
●[あやりーの釣るまで帰らんけんネ!]  サヨリ・マスターのお墨付きゲット
●[後迫正憲と愉快な仲間たち] 浜田沖でライトケンサキ満喫
●[COOKING キュウセン料理特集] 黄金焼き/胡麻クリームかけ/胡麻フライ/カレームニエル/レンコンのはさみ揚げ/野菜あんかけ/創作コロッケ
● [手作り講座] アジ用短軸ジグヘッド
●[釣行沿線 道の駅でひと休み] 三原市 よがんす白竜
●[CAMPING CARガイド] 日産バネットバンベース「POP.COM」
●[アングラー列伝] タイやスズキ釣りを好んだ 日銀総裁 渋沢 敬三
●[海野徹也の釣りの常識 嘘・本当] スズキの捕食 上手いか下手か
●[60歳から始めるルアー釣り] 涼しい夜の渚でサーフアジングを
●[藤井孝男のフカセ釣り上達塾] 波止グレ入門指南
●[三戸庸行の投げ釣りQ&A] 夏から秋にかけての夜釣り対象魚
●[編集部員レポート] 体当たり! ライフジャケット着用体験
●[はてなランド] 太公望ってどんな人? 
09■釣り■P004_P005
巻頭カラーを飾る主役はロウニンアジ(英名:ジャイアント・トレバリー)。名前のごとくアジ類最大かつ最強の魚で、釣り人は畏敬の念をこめて「GT」と呼びます。このロウニンアジ、国内では南西諸島や沖縄、小笠原諸島でしか釣れないと思われている人が多いと思いますが、じつは四国の磯でも釣れるんです。本誌取材班は、無謀(?)にもこのロウニンアジにガチンコ勝負を挑みました。その結末やいかに‥‥。
09■釣り■P014_P015
巻頭第2カラーは、暑い夏にこそお薦めの「チヌの渚釣り」を周南市大島半島からお届けします。身近な釣り場、身軽な装備で、手軽に楽しめる「チヌ渚釣り」にエントリーしたい方、必見の内容になっています。
09■釣り■P022_P023
昨年9月号からお届けしている「突撃! IFボート釣査隊」もついに最終回となります。隊長による最終指令は「良型マダコをゲットせよ」。陸から餌木やテンヤでマダコが好調に釣れ続いている福山市の田島沖へ「ハピゴラ号」で出撃しました。
09■釣り■P056_P057
人気の「コミック釣り天国」は岩国市を流れる錦川でのアユ釣り。今年還暦を迎えるW記者の呼びかけで集まったのは、かつてバリバリのアユ師として鳴らした面々。全員が60歳以上という4人の「還暦オヤジ」でした。
08■釣り■P110_P111
9月号の「COOKING 釣った魚をおいしく食べよう」は、小さな高級魚キュウセン料理特集。黄金焼きや胡麻クリームかけ、カレームニエルなど7種の作り方を写真たっぷりで分かりやすく紹介しています。
09■釣り■P172_P173
遊漁船ルポは、釣趣と食味を兼ね備えながら中国・四国地方ではなじみが薄いクログチ釣りをお届けします。瀬戸内海ではマダイ狙いに時々釣れる程度と思われているクログチですが、山口県東部海域で60cmを超すクログチを存分に釣らせる遊漁船があると聞き、さっそく取材を試みました。
09■釣り■P208_P209
巻末のカラートップは、文豪・開高健ゆかりの釣り倶楽部「ルアー&フライ サントリーOPA!」メンバーによる山陰釣行記です。クラブの会長でありシマノ・インストラクターとして活躍中の佐々木洋三さんたちが、出雲市大社を拠点にライトケンサキや根魚ゲームなどを満喫しました。
09■釣り■P214_P215
このところ過酷な釣りが続いている「あやりーの今日も釣るまで帰らんけんネ!」は、江田島でサヨリ釣りに挑戦しました。教え方のツボを心得た元高校教師の釣り人さんの指導によって短時間で好釣果をゲット。「サヨリ・マスター」のお墨付きまでいただきました。
09■釣り■P216_P217
「後迫正憲と愉快な仲間たち」の今回は、日頃のマダイ釣り仲間たちと山陰浜田へ。涼を求めて夜釣りで意気揚々とケンサキイカを狙った後迫さんでしたが‥‥。
09■釣り■P220_P221
人気の「手作り講座」は、合わせたときのすっぽ抜けや、寄せるときの針外れが少ないというアジング用の短軸ジグヘッドの作り方を紹介しています。
09■釣り■P222_P223
「釣行沿線 道の駅でひと休み」は、三原市大和町の「よがんす白竜」を訪ねました。本格的な石窯で焼くピッツァが大人気のイタリアンレストランや産直市場で販売される特産品、オリジナル商品など、駅の魅力をたっぷりと紹介しています。
09■釣り■P226
「アングラーのためのCAMPING CARガイド」の12回目は、日産バネットバンNV200にポップアップルーフやギャレーなどを架装した「POP.COM」を紹介します。日常使いに重宝する小ぶりなボディのスペースを最大限に活用し、かつリーズナブルな価格を実現したコストパフォーマンスの高い一台です。
09■釣り■P046_P047
9月号本文記事の目玉は、第六管区海上保安本部の協力で実現した「ライフジャケット体験レポート」です。体験会では「ライフジャケットを着けずに海中へ転落したらどうなるのか」「普及が進む膨張式ライフジャケットに弱点はないのか」など、ほとんどの釣り人が体験していないことを本誌編集部Tデスクが体当たりで経験し、生々しくレポートしています。

お待たせしました! 雑誌「Boat Fishing」9月号が明日、発売となります。
9月号では、マダイやブリ、アジ、ケンサキイカなどの好アジロを24カ所紹介しています!
BF09■表紙
【主な内容】 
■カラー・ルポ 大ダイ続出! 忽那海域の鯛ラバゲーム/山口・小水無瀬島沖は青物シーズン真っ只中!/山陰浜田沖のイカメタル・ゲーム
■マンガ船釣り道場 斜め引きで探るタチウオのワーム釣り
■ENJOYボートライフ 週末は必ず愛艇と海へ
■佐々木洋三の独断的「魚・酒・学」 剣先烏賊そうめん×手づくり純米酒 出雲富士
■岡本幸雄の海辺の水彩画 本州最南端の港町 - 南紀・串本 -
■IDEA NOTE 鯛ラバスカートケース
■原田博之の男料理 ハマチのカナッペ風/照り焼き丼
■すぐに役立つ電子機器解説 大型魚発見に役立つバードレーダーとは<2>
■随筆 心の航海日誌II クラシック音楽で貧困解決
■ふるさと再発見 港町百景 島根県 安来
■8月下旬の好釣果アジロ Pick Up 全13アジロ
■特選中古艇情報
 など
BF09■P004_P005
巻頭カラーは、忽那海域の津和地島沖での鯛ラバゲームをお届けしています。一帯は潮流が速いため緩流時を狙ったスポット釣行になりますが、釣れれば大半が40cm~50cmの良型で、60cmを超す大ダイも頻繁にヒットしています。
BF09■P012_P013
巻頭第2カラーは、青物シーズン真っ只中に突入した山口県小水無瀬島沖での熱いバトルを紹介しています。ジギングと泳がせ釣りの両方で挑んだ取材班。果たしてどちらに軍配が上がったのでしょうか。
BF09■P020_P021
巻頭第3カラーでは、引きよし、味よし、姿よし。夏の沖釣りのターゲットとしてすっかり定着した感のあるケンサキイカの釣れっぷりを山陰浜田沖からお届けしています。
BF09■P030_P031
人気の「マンガ船釣り道場」は四万十市在住のルアーマン、松倉哲也さんに「タチウオのワーム釣り」をご教示いただきました。タチウオのエサとなる小魚の群れを探し、その魚影の中を斜め引きで探る手法を分かりやすく漫画で解説しています。
BF09■P038_P039
「アイデアノート」で紹介するのは、鯛ラバのスカート、ネクタイ、フックを1セットずつ絡まずに収納できるケースの作り方。太めのストローを利用したこの鯛ラバスカートケース。安価に、しかも超簡単に作ることができる一押しアイデアです。
BF09■P148_P149
釣り好きオーナーのボートライフを公開する「ENJOYボートライフ」は、山口県平生町の泉武志さんを紹介。週末は必ず愛艇で海へ出かけるという泉さんに、釣りへの強いこだわりやボートとの関わり方などを語っていただきました。
BF09■P084_P085
今回の「すぐに役立つ電子機器解説」は、大型魚発見につながるとしてボートオーナーの間で注目を集めている「バードレーダー」のパート2。バードレーダーの実画像をまじえて、鳥群反応の出方や基本操作などを紹介しています。
BF09■P147
好評連載中の「佐々木洋三の魚・酒・学」の第9回は、山陰で釣ったケンサキイカの「剣先烏賊そうめん」に地元の銘酒「手づくり純米 出雲富士」を取り合わせました。佐々木洋三さんの魚と酒にこだわるウンチク学が左党を唸らせます。
BF09■P152_P153
海辺の風景を旅情豊かに切り取る岡本幸雄さんの「海辺の水彩画」は、本州最南端の港町、南紀串本を描いた3枚を紹介しています。
BF09■P162_P163
原田料理長が9月号の「男料理」に選んだ食材はハマチ。香ばしく焼き上げたハマチの切り身にほんのりと甘辛いチーズペーストを絡めた「カナッペ風」、ショウガ風味の醤油ダレが食欲をそそる「照り焼き丼」の2品をお届けしています。
BF09■P166_P167
ふるさと再発見「港町百景」は、たたら製鉄で栄えた山陰・中海沿いの港町「安来」を訪ねました。鉄の歴史が学べる和鋼博物館やドジョウすくい踊りの公演が見られる安来節演芸館、ご当地グルメなど、安来の魅力を紹介しています。

雑誌「Boat Fishing」の購読は、便利でお得な定期購読がお薦め!!
いまなら特典として「オリジナルスポーツタオル・プレゼント」か「プラス1冊サービス」のいずれかをお選びいただけます!
 
★お申し込みは   >>> こちら

暑いのも寒いのも苦手なワガママボディ、広島本社のMです。

ブリ、ハマチとの熱いバトルを誌面でお届けしようと、7月下旬に山口東部海域へ出船。キャプテンは18歳の大学生です。
01
午前中は魚探にベイトの群れが映ってもナブラを狙ってもノーヒットという状態が続きましたが、若いキャプテンのカンと巧みな操船、「広島料理・西海」の大将の活躍もあって、72cm~75cmのハマチを3匹と92cmのブリを1匹ゲットしました! 特にブリとの格闘はハラハラドキドキの連続で、見応え十分。釣り上げた瞬間は船上に歓声が上がりました。
02
03
04
ブリとハマチ狙いの合間にアジ釣りも楽しんで、こちらは入れ掛かり状態で25cm頭に212匹と大漁でした。
05アジロは例年、夏から初冬にかけてブリとハマチの釣果実績がある場所です。
詳細は8月10日発売のボートフィッシング9月号でご覧ください!

編集部のSです。
今回、ボートフィッシングの取材で出かけたのは忽那海域の津和地島沖。鯛ラバでマダイを狙いました。

潮流が速いアジロなので潮止まり前後に照準を絞っての釣行です。すると開始8分で良型マダイがヒット。その後も釣れるのは40cm以上の良型ばかり。釣り人も笑いが止まりません!!
ブログ用03
ブログ用04
流れが速くなったところで一度ポイントを離れます。潮が緩むタイミングを見計らって再チャレンジすると・・・
出ました出ました、待望の大ダイ登場です!!
ブログ用02
ブログ用
取材の詳しい内容は8月10発売の「Boat Fishing」9月号をご覧ください。

↑このページのトップヘ