11月号の巻頭カラーは、陸から手軽に良型マダイが釣れる「ショアテンヤゲーム」、周防大島の地磯での秋アオリエギング、山陰のヒラマサ・トップゲーム、シマノおとな釣り倶楽部「鯛ラバ釣り体験会」など、いまが旬の釣りを取り上げました。
若葉マーク釣り教室は最盛期を迎えるハゼのルアーフィッシング「ハゼクラ」、遊漁船ルポは盛り上がりを見せる広島湾のナイトティップランを紹介。不定期連載として、その道を極めたトップアングラーが秘術を公開する「名手の流儀」がスタート。
「現地記者60人が目と足で確かめた最新HOT情報」やアングラーズレポート「釣録」、「オフショアインフォメーション」なども、秋の釣行に役立つ情報満載です。
 2019.11■釣り■表紙
詳しくはこちらをご覧ください。