ミリオンエコー出版Blog - 編集部通信 -

雑誌「釣り画報」や「Boat Fishing」、モバイル端末向けサイト「中国四国の釣果速報」などをお届けするミリオンエコー出版編集部のオフィシャル・ブログです。取材時の裏話、誌面の進捗状況、編集部員による釣行記など、誌面では紹介できない話題も織りまぜながらお届けします。PC、タブレット、スマホ、携帯すべてに対応しています。

カテゴリ: 報告

編集部のSです。

ボートフィッシングの取材で芸予海域の高根島沖へ出かけました。この海域では今、マダイの食いが活発。鯛ラバ中心で狙ったところ、「食べごろサイズ」がそこそこ釣れ、楽しい釣行になりました。
IMG_0451
IMG_0310
 良型アコウの豪華なオマケ付き!!
IMG_0103
IMG_0212
 詳しくは10月10日発売の雑誌Boat Fishing11月号をご覧ください!

最近、日焼けによるこめかみのシミが気になり始めた加齢なる40代、岡山支局のTTです。

13246438_1706238649650098_1091448275092937572_o
先日は小豆島海域へ鯛ラバ取材に出撃、朝から10時までに2ケタ安打を達成しました!!

13268383_1706238686316761_7390975144256226464_o
アコウやオニオコゼなど、豪華でちょっと危険なオマケも出ました。

13308259_1706238666316763_379300697982656781_o
13254713_1706240412983255_8161267177960551206_o
短時間でサクッと釣っていただけると取材も余裕、ありがたい限りです。
13308441_1706238702983426_2414357059996915834_o
詳細は6月10日発売のボートフィッシング7月号でどうぞ!!

編集部のKです。
昨日、グローブライドさんから「鯛ラバ・イカメタル実釣会」にお招きいただき、北九州市大里港の遊漁船「四季丸」さんに乗船してきました。
pp2
向かったのは山口県の角島沖。前夜からの雨も時間が経つにつれて弱まり、釣り日和となりました。
pp6
食いが渋いという事前情報でしたが、飽きない程度にアタリが続きます。船長の釣り場選択や流し方はもちろん、腕利きの女性アングラーが周りを引っ張ります。
pp3
pp4
鯛ラバには良型のマダイやアコウ、チカメキントキなど豪華な顔ぶれが続出。
pp5
同時にイカメタル・ゲームをすると、ケンサキイカもまじります。
ケンサキ=ナイト・ゲームのイメージを持っていましたが、もはや関係ないのですかね。

鯛ラバで大ダイを釣りたい! けど、ケンサキも釣りたい・・・。贅沢な悩みです。これからのオフショア・シーンにはそんな展開が待っていそうですね。
pp1

編集部のSです。
先日、鯛ラバの取材に行ってきました。01
 場所は広島市南区のマリーナから10分ちょっとのところ。
こんな近場で?と思いきや、早々に60cmオーバーのマダイがヒット!その後も良型のマダイやマゴチが連発しました。04
02
 意外や意外、こんなに近場でマダイやマゴチが釣れるとは……。05
 詳しくは6月10日発売の雑誌「Boat Fishing」7月号をご覧ください!

編集部のMです。
先日、公益財団法人日本釣振興会の事業の一環として、下蒲刈島の大地蔵港で、海中と陸上の清掃を行いました。

ダイバーさんが海底清掃をしている間、学生さんや一般の釣りクラブのメンバー、釣りマナー啓発隊と一緒に陸上清掃をしました。
_1
海底から引き揚げたものも陸上のものも釣り人が捨てたと思われるものが多くありました。もちろん、一般の人や漁業関係者のものと思われるものもありました。釣り人うんぬんというよりも、一人ひとりのモラルが問われている気がします。

ダイバーさん、ボランティアの学生さん、その他多くの関係者の皆さま、お疲れさまでした。そして、今後もどうぞよろしくお願いいたします!

↑このページのトップヘ